コンフリクト (1)|Living Dead the Sanctuary

年代物のGT―Rは頑張ってよく走ってくれた。途中、道無き道を走ったせいで車体のがたつきに拍車がかかっているが、この様子なら帰路も申し分のない働きをするだろう。ステイカーが路肩に止めてエンジンを切ると、GT―Rはほっとしたように車体を揺らして動きを止めた。

キル・ショット(2)|Living Dead the Sanctuary 

ステイカーが通されたリビングルームは広く、明るい雰囲気だったが、ひんやりとした涼しさがある。リフォームしたばかりらしく、壁はクリーム色に塗られ、床はつやつやしており、傷や汚れがほとんど見当たらない。アイボリー色のカバーがかけられた大きなソファには濃い緑色のクッションがそろえられていた。

🎃ハロウィンと犬🐺

※こちらの話を読まないと、登場人物が掴みにくいかと思います。(だいぶ好き勝手に書きました)   縦横切り替え     ハロウィンと犬      月に暗雲がたちこめ、雷鳴がはるか遠く、雨の到来が近い真夜中のことだった。主人Read More🎃ハロウィンと犬🐺

杭打ち人|Living Dead the Sanctuary 

 とにかくこの仕事をやり遂げなければならない、とジャック・L・ステイカーは自分に言い聞かせた。標的はすでにスコープの中におさめている。乾いた大地に背の低い緑の茂み。その横の倒木の影。

狩りの終焉|Living Dead the Sanctuary 

古い革表紙の裏に走り書きがある。
 二つの世界を彷徨う者には、内に《二重の存在 /dual existence》を秘匿している。逃れられる者はなく、その術もなく、《彼女》もまた例外ではなかった——

セッション 07

「――あなたここで永遠に死ぬのだし」
 月光の下で、吸血鬼サンクチュアリはそう言った。
 先程も言ったが彼女は片目で、片腕の状態だ。肢体は不完全であり、左袖が風にめくれてはためいている。何倍も体格差のある相手に対する態度ではない。どこからその自信が出てくるのか? だが、その存在感は圧倒的だ。

セッション 06

縦横切り替え  06    Aセッションがモールの四階に到着した時、黒服の集団と遭遇した。先頭にいたステイカーは条件反射で指先が動きかける――が、瞬時に照準器越しの相手を見分けるや銃口を下げた。 「ステイカーかよ」  エRead Moreセッション 06

セッション 05

縦横切り替え  05    それは豚が引き裂かれた時の断末魔のようであった。  長く残響する死の叫びが、突如闇の底から突き上げてきたのだ。  階下へと向かっていたイ・ジュンスは、餌食者の男を肩に担いだまま、ぎくりと足を止Read Moreセッション 05

セッション 04

縦横切り替え  04   〈――おい、やつらどこに行く気だ〉  レイ・ダウリングが照準器を覗き込んだまま訝しんだ。声は射撃の高揚感をふんだんに含んでいるが、ダウリングのトリガを引く指は止まっている。彼だけではない。血の海Read Moreセッション 04

セッション 03

縦横切り替え  03      E(エコー)セッションの構成員、イ・ジュンスは自分たちに課せられた任務を思い返していた。それはすなわち、敵を殲滅し、東側四階にいる三名の餌食者を解放することだ。  餌食者とは、ダンピールたRead Moreセッション 03

Back to Top