薄昏の子ら、ダンピール(1)|Living Dead the Sanctuary

 いつになったら陽【ひ】が落ちるのか——GT‐Rを走らせながら、ステイカーは車内時計に何度も目をやった。どこまで行っても黄昏の景色が続いている。西部日没時刻を一時間も過ぎているのに、空は薄暮れたままだった——暗闇の世界を厭うかのように。
 時計が壊れているのかと思ったが、車内時計は腕時計と同じ時刻を指している。

Continue Reading

コンフリクト (3)|Living Dead the Sanctuary

結局のところ、その日彼らは街から出られず、モーテルで一夜を過ごさなければならなかった。と言ってもエリファはろくに口を聞いてくれないので、ステイカーが勝手にそう決めただけなのだが。天候が崩れた中、妹と犬を連れて夜通し走り続けるのも難しいように思われた。二人には休む場所が必要だった。

Continue Reading

コンフリクト (2)|Living Dead the Sanctuary

 ステイカーは大股で通りを横切り、GT‐Rの扉に乱暴に鍵をさした。「ねぇ、待って! ジェイ、一体どうしたの?」
 エリファが遅れてやってきた。彼女はショルダーバッグを肩に下げ、助手席側に立ち、車越しに非難がましい目を向けてくる。「なんであんなことをしたの? 見間違いにしたって——突然、ひどいよ」 犬のブレイクはエリファの横にぴったりと立ち、頭をかしげて彼女を見上げていた。「あの二人なら気にしなくてもいいよ。きっと今頃、『実演に違いない』って思ってるから」…

Continue Reading

コンフリクト (1)|Living Dead the Sanctuary

年代物のGT―Rは頑張ってよく走ってくれた。途中、道無き道を走ったせいで車体のがたつきに拍車がかかっているが、この様子なら帰路も申し分のない働きをするだろう。ステイカーが路肩に止めてエンジンを切ると、GT―Rはほっとしたように車体を揺らして動きを止めた。

Continue Reading

キル・ショット(2)|Living Dead the Sanctuary 

ステイカーが通されたリビングルームは広く、明るい雰囲気だったが、ひんやりとした涼しさがある。リフォームしたばかりらしく、壁はクリーム色に塗られ、床はつやつやしており、傷や汚れがほとんど見当たらない。アイボリー色のカバーがかけられた大きなソファには濃い緑色のクッションがそろえられていた。

Continue Reading