Notes & Journal 2nd

ついに男までも「また男か」と言いだして、おやおやと目を丸くした。

うちの両親ですら12月頃に「また刃物男か」と言っていたけども。

でも女の人はずっと前から「また男だ」と知っていたよね。(母親も知っていただろうけど)

なんなら、小学生女子児童すら「男こわい」って漠然と知ってるよね……。

今日は図書館でいろいろ本を借りてきて、「愛という名の奴隷(田嶋陽子著)」「男子という闇(エマ・ブラウン著)」「私はいま自由なの? 男女平等世界一の国 ノルウェーが直面した現実(リン・スタルスベルグ著)」他一冊が手元にある。

田嶋陽子さんの本はもう読み終わった。主婦が「銃後の母」と言われる理由がちょっとだけわかった……と思う。北欧社会は専業主婦が全然いないかほぼいないか、いても「あんたなんで専業主婦なの、無職?」と言われるそうだが、それぐらいしないと女性の給与は上がらないのではないかという話を思い出した。女が自ら進んで家庭内労働を無償でやる主婦奴隷のままでは一生男から敬意を払われないという指摘だと理解したけど(おそらくそれを見て育つ子供も含んでいると思われる)、でもまだ呑み込めないかも。たぶんそうなんだろうな、という感じはする。男は一家に一人の主婦奴隷がいるので200%の力を収入に注ぐことができる王侯貴族で主婦はドレイという身分関係だとか、民主主義を説く左翼男も家に帰れば主婦奴隷に向かって「おい、お茶!」と指図するなど家の中では不平等を作っているとか、マルクス主義のフェミニズムの主婦で労働を拒否しても(そんな人がいることに驚くけど)主婦たちは夫の稼ぎで生活をし、夫がよりよく働けるよう無償の家事をして子供を育て、家族ぐるみで企業の発展=資本主義に貢献しているのだ、とか、そういう話が書いてあった。

左翼が嫌われる理由がまたわかった気がする。

多分書いたのが90年代初期だと思うんだけど、今もあんまり変わっていないかも。ちょっとマシになった? もっと悪くなった? でもまあ確かに、専業主婦が家事仕事を投げ捨てる戦いをしていたら後世の女たちは今より生きやすかっただろうなと思う。90年代はまだ日本も体力があった時代だったし。

「主婦は奴隷じゃない、だって私は愛されてるから、だって? 奴隷だって、ペットだって、ご主人様から”愛される”でしょう? 害にならない限り、という条件付きで。現実を見るのはつらいだろうけど、あなたは夫に飼われてる身分なんじゃないの?」

という感じでした。痛烈だな。これは耳に痛い。私も九州人なので、刷り込みがないわけではないよというか、めちゃくちゃ刷り込まれて生きてきたし、「主婦になって、お母さんのように、夫の三歩後ろを歩きたい。それって素敵なことだと思う」と真面目な顔をして言う当時20代の女性を私は知っている。専業主婦になりたいといっていた20代の友達を知っている。その人は男社会にいじめられてそうなっちゃったんだけど。

でも、言ってることは正しいんだなぁこれが……。

男社会が辛くても苦しくても薄給でも、女として戦わないといけないんだなと感じるけど、でもそれって本当に個人として幸せなのかなとも思う。こんな国さっさと捨てて外国にでも行った方がいいんじゃないの。って言っても、すっくと立ち上がって外国に行けるような環境の女性ってそんなにいないだろう。(私も無理)。

女は働いても貧困になるはめ込み罠だからなぁ。ラッキーステージみたいなバブル特需もないこんなクソザコナメクジ時代でどうすりゃいいわけ?? 労組結成っすか??? 労組? 労組やる?(でも大事なことやね……)

考えるの疲れたので次の本を読もう。

ノルウェーの話は導入で「政治家は世界一男女平等で家庭と仕事を両立できる国だと自慢するが、じゃあなんで幼児を持つ女にはパートタイムが多いんだ(40%はパート、26%はフルタイム、14%は一時的な離職、20%は無職)」と書いていた。全然、男女平等じゃないのわろた。そういえば、女が産後仕事フルタイムで働いても普通で、男が育児すると褒められるとか、北欧でもあるってなんか聞いたことあるな。

というか男女平等の話になるとまた女と既婚と育児がセットになるんだな。もうやめないかこういうの。女子供でワンセットにするの。男子供でワンセットにしろよ。借りてくる自分もどうかと思うが。

北欧も、政治に女送り出してから給与の格差が減ったとかいう話だったけど、そういう話の本を探せばよかったな。

無性に悲しい

常々思っていることだが、日本の女は単身ではなく、誰か(主に男、夫や父)の付帯でなければ生活の工面ができず自己実現もできないのだろうか。そういう希望のない社会は嫌だな……。

ストレート以外の女性は、単身労働ではなく、出産と家事労働の対価で生活保障を得て、大学や院に行くことが標準になったら困るし、動悸がするほど怖い。それじゃ婚姻制度は身売りに等しい。院では生活費ふくめ三年で900万円かかったりするそうだ。

ツイッタの炎上は、女性の貧困の話にかかわると、なんか、自分でもあんまり冷静に見られなくて、かなり動揺をするからまともに考えられなくなる。確かに家庭内労働をこなしてすごいし、尊敬するし、立派だと思う。優秀だなと思う。なかなかこうはいかないことは私にもわかる。正直、大学に赤んぼ連れてきてあやしながら授業を受けたり、教授が排除しなかったりするところとか、かっけえなと思うよ。(外国の話だけど)(もしかしたらシングルマザーの学生だったかも……。)

(どうでもいいが、私は公共の場での赤んぼの声に不快にならない方……だと思う。いや、46時中泣き叫ぶのを聞いたことはないんだけど。犬や猫の神経質な鳴き声にイラつかないのと同じ感じって言ったら癇に障る人もいるかな。)

けど、なんか怖いねん。みんなできらきらしてそれで終わりっていうの。悪い奴をやっつけて、それで終わってしまうの。それで合意形成されていくっていうの? 日本の言論(? 空気?) そこまでしか考えないでオッケーなんだみたいなの。

三人に一人は貧困である単身女性は一体どうなるんだろう。学ぶ機会ってあるのかな。どこでチャンスを掴むのかな。何十年働いたって学費の貯えもできない現実をどうすればいいのか。

僻み、とかじゃないんだよ。ただ、どうすればいいのかなって考え込んでしまって……。社会から関心も持たれなくて議論の話題にもならない人たち。問題提起しても「あんたもそうなる前に結婚すればよかったのに」、と言われる人たち。ごく自然に社会から居ない人みたいに扱われる人たちについて思い沈む。

体調が悪いせいか悲観的になって辛くなるな。冷静に考えられない。無性に悲しい。自死する女性の気持ちは理解できるよ。助け合おうといいながら、肝心な時に取り残された時の虚しさは生半可ではないだろうね。なんだ、向こう側からしたらこっちの存在なんてどうでもよかったんだ、みたいな。

私は存在しない人なんだ、って……。

中年・高齢女性の貧困が問題にされないワケ

https://web.sekaishisosha.jp/posts/4193

これを読んでふと思い出した。今、三省堂の改訂版国語辞典で、「女」「男」「フェミニズム」の項が虹思想で定義されていて問題になっているけど、過去の「女」「男」の項目もかなり酷かった。

女は子を産む力を持つ、だって。子を産む人、という意味なのか。

上の記事では、女性の貧困は、若年女性までしか取り上げてもらえなかったことを言っている。老いた単身女性の貧困は、子を産む能力がないため社会的に価値がないと見なされ無視されているのでは、と書かれている。産まない女は女でも人でもない。そういう意識があるのではないかと問いかけている。辞書の言葉も同じことなんじゃないかと思えてならない。

うまく考えがまとまらない。

夫に家事育児を負担させることがフェミニズムの主なんだろうか。(よく言われているが。)別姓を目標にすることがゴールなんだろうか。低価格で安心して性行為をすることがフェミニズムなんだろうか。フェミニズムは毒のある男らしさの開放にもなると男性に呼びかけるのがフェミニズムなんだろうか。

もう私は単身女性労働者の給与差別をなくすことしか興味がなくなったよ。トイレは労働問題だから大事だけど。

家庭のことに口を出すなと言われたらその通りだったな。

でも既婚女性は日本社会において一つの階級になっていることは事実だと思うよ。

オール・ウィメンズ・マターじゃ救えない女性がいるってことはちゃんと考えたいっていうか……。本来はオール・ウィメンズ・マターなんだけどね。自分は夫がいて食うに困ってないから心の中じゃ興味ないし、制度上不利になるからやだっていうのは、マジで無しだろって思う。(そういうツイートは私も見ました。配偶者控除枠の件ね。)

こういうのが少数意見だからなんだっていうんだ。

女性の権利運動なんて、最初から少数意見じゃん。

なんで黙らせようとするんだろう。

すでに食えてる側が、自由に物を言うな言っても無駄だと、食えてない側に言うことが、どんなに酷いことかわからないかな。真剣に一緒に考えてくれないから非難されているのに。

女性の権利闘争関係の本を読まないといけないな。日本のフェミニズムってなんかやっぱ変なんじゃない? 外国とどっか違うんじゃないの? でもどこが変なのかうまく言えない。無知だからだろう。それとも全世界で変なのかな。

今探したら「Feminism for WOMAN(女性のためのフェミニズム)」というタイトルの英語本があって、ため息が出た。女性のためなんて、わざわざそんなことを書かないといけないのか。なんなんだろう、一体。

落ち込む時間が必要だ。思ってるよりダメージがある。女性の貧困を考えると頭痛がする。同じこと繰り返し言ってる自分も嫌になる。

一人で頑張っている女性たち、どうか死なないでください……。

でも、そんなこと言ったって、私に何ができるというのか。自分のことさえままならないのに。

無力な自分が本当に恥ずかしい

クッキー

買い物リストを読み上げた時の、元警察犬の早すぎる反応

最後「ただの冗談だよ」って言った時の犬の顔が「ええ……?」ってなってるように見える

考えがまとまらない。こういう時どうしよう……

超々良いニュース

ヤフージャパンがリモートワークを充実させるため日本国内ならどこに住んでもよく、出社する時は月15万円までなら飛行機代を出す制度を4月から始めるんだって!!

たまには良いニュースがあるね。従業員のことを人間として考える企業って日本にもあるんだな。存在しないかと思ってた。少しは気分が明るくなった。

あ、調べたら、ヤフージャパンはばりばり日本式の体制であり、福利厚生が少なく、住宅手当もないとか書かれてた……。親会社はソフトバンクみたい。ソフトバンクもリモートワークの拡充が進んでるのかな。そうだといいのに。

日本だと、非正規・正規でリモーが許されないことがあると聞く。労働者差別が一切ない職場を作って欲しいというか、作らないといけない。同一労働同一賃金ってここらへんカバーしてんのかな。どうせしてないんだろうな。というか私、労働者だけど労働者に関わる法律について全く無知なんだよな。

社会の側(支配者階級)が一般市民(労働者階級)を無知な歯車のままでいることを望んで富を得ているとするなら、全く同じ構図が男女間でも起きているよなと時々思う。男社会の世界観は自分でも表現してみたけどもう一回は言いたくない。考えただけでグロテスク。社会と労働者側の構図もはっきり言おうとしたらグロいんだろうな。「人間の体を磨り潰すまで利用しつくすその人体が安ければ安いほどいい」、みたいな感じ? 奴隷やんな。そんで、男体による女体支配の構図は性奴隷のままなんじゃないのかな。(と思ったけど家事育児仕事付きだから正確ではなかったな)

現実がグロ☺

せっかくの明るいニュースをグロに戻す私もあまり良い性格ではない。

だって、本当のことなんだからしょうがないじゃん。

S.T.A.L.K.E.R.のCOP

S.T.A.L.K.E.R.の三作目であるCall of pripyatをやったんだけど、最後のエミッション(即死級の放射線の嵐。エミッションは定期的に自動発生する)で進行不能バグに遭遇したため、私の冒険はそこで終わるのだった……。

な.ん.で.だ.よ. !!

前作の主人公と再会してエミッション後に移動する~という話になったものの、ムービー中の会話が無言、エミッションが自動で終わっても建物から出られず、閉じ込められるわ、話しかけても「エミッションが終わるまで大人しくしてろよ」みたいなことを言われるわ

たまにあるよね、なんか、重要な会話が途中でバグって停止してそのままフラグ立たなくなるゲーム。まあな、MODのせいなんだろうな。もういいや。中盤ならともかく、最終戦直前で起こるのはめんどくさい。

他人のプレイ動画見て「はいはい、あ~こんな感じね~」ってなって満足した。

ゲームとしては、1の方がシナリオも盛り上がったし面白かったかなぁ。ぶっちゃけ蛇足かもしれない……。三作目にもなるとS.T.A.L.K.E.R. とはなんぞや?という謎解きももうないし、いてもそこらへん適当に歩いてる金目当てのおっさんにしか見えない。1の完成度が高かったからしょうがないかな。神秘性が無くなっている。こんな感じなら、新作もちょっと難しいかもとさえ思った……。1以上にストーリーを深掘りするのは……。

チェルノブイリ系廃墟好きならやるべきだけど、私はシナリオとか盛り上がりがないとガッカリする方なんで評価は厳しめになった。バグのせいじゃなくて。あんまり意外性がなかったなぁという感想だった。マップをうろうろしてイベントを探すのは面白いんだけど。そういえば、地雷地帯にイノシシ系ミュータントがどかんどかん突っ込んできたのはびっくりした。

小説の進捗→「つまんない」病が二日に一回は発生する。ああ、なんか思いつきたい、おもしろいものを……6話目にしてもうマンネリを感じる……(哀)

今思い出した、このサイトのメールフォームって大量にNGワードを設定しているので、それ以来スパムも一切届かなくなってよかったよかった、なんだけど、スパムが来ないとやっぱ設定ミスってんのかな?って不安になる。自分でも確認文を適当に送って弾かれたことある……。でもそれぐらいしないとスパムが来る。

他の方法を考えた方がいいのかもしれない。

冬が来た

やっと冬が来たと思う瞬間は、ミカンを食べにうちにメジロが来る時です……かわいい! 今年は寒くなるのが遅かったせいか訪問がのんびりしていたかも。山に柿がたくさん残っていたんだと思う。

細い枝にミカンを刺すと、ヒヨドリやカラスは自分の重量のせいで枝に止まれないので、メジロだけが食べられるようになっています。針金に吊るすとかもあるみたい。メジロの体重は10g程度らしいです。体重だけでもかわいいと思える。というかひよこ饅頭より軽いじゃないか……。(35g)かわいすぎかよ……。

うー、今日はいっぱい小説を書いた! 書いたけど、まだ半分くらいか、三分の二くらい残ってる。表現被りが自分でもだるい。何回同じ動詞を使ってるんだよ……。

合い間に、過去に自分で書いたアイディアを見つけて読みふけってしまった。ここまで書くのにどれくらい時間がかかるんだろう。

よし

今日は調子が良かったので話が進んだ。調子が良いと書けるだけ書いておこうと思ってしまって、書きすぎるあまり、翌日何も書かなくなることがある。

明日も進めよう。進めたい。(書き始めに手間取って時間を無駄にすることが多い……)

このシリーズ、面白すぎて笑う。犬の反応も様々……

ばあちゃんが犬を引きずってるのが爆笑ものだった。

あと軽トラの荷台に柴犬を乗せるのがいい。日本の好きな風景。

そういえば、私も子供の頃、軽トラの荷台に乗せてもらったことがあったな……。

ちくしょー

パッチですら生理ブロックの方法が積極的に推奨されてないのめちゃくちゃ腹立つ

もう一回英語で検索したらエブラじゃ安全じゃなさそうに見える

やはり神は男だったに違いない

こんな面倒臭い機能を押し付けてくる所も女だけ設計がクソな所もますます男っぽい

もうちょっと調べてみよう。薬を飲みたくないんだよな…

ママニズムもうやめよ

・いろいろ管巻いてよくわからなくなって下書き行きにしたんだけど、言いたかったことは、本来のFeminismを包括していない日式ママニズム/主婦ニズムを金輪際止めよう、絶対にもうかかわらない、ということだった。

・前にこのグラフを見て考えを改めた。これよく見たら将来的にはこのままだと女性単独で51%は貧困者になる(光熱費も払えず家すらあるかわからない)って話なんだけど、それでも2015年でも老年期の女性単独の貧困率がとびぬけてる。教えてくれて本当にありがとうでした。本来の聞き取りにくい声はここにあるじゃないか。

・虹ismで痛感したけど、Feminismって階級闘争の面もあるじゃないですか。(階級闘争の面しかないのか?)母数はわからないけど、あのグラフが示すことは、既婚女性は食えてる側ってことなんですよね。食えてない女性たちのことを置き去りにすることはFeminismじゃない。そりゃFeminismの簒奪といわれるはずだわ。日式ママニズム/主婦ニズムはその下層を突き破り掬い上げるほどの力はない。どころか男社会と取り引きをしてるんでは? と思ってしまう。繰り返しの主張でごめんけど。

・女性性を男社会で貢献した者だけが社会から意見を聞いてもらえるっておかしい。足や胸を見せたり、家事をしたり、出産したり、育児したり、それをこなした女が女として認められ口を開いてもいいってこと? それは変。そんなことはしてもしなくても女は女だし不当な扱いに抗議してもいい。というか新たに差別階級を作り出してる。それらを放棄した非婚女性が「行き遅れ」とか言われるし、露骨に貧乏にされてる。結婚しなかったらマジに悲惨なほど食えない。「ビンボが悔しかったらあんたも結婚すればww」というのが既婚女性の本音なら、わかりました、もうかかわりませんと言うしかない。

・ママに手を差し伸べて時間と金をかけて家庭内を手助けしても旦那が「おー、やってるやってるwごくろーさんw」ってなるし、穴の開いたバケツに延々と水を汲んでる状態っていう話をなんか見たぞ。

・女性の低賃金の底上げが扶養内控除の妨げになるから反対というのならば「もしかして敵なのか……?」とすら思い始めてる……。

・でも結婚制度とFeminismって両立できないのかな? スウェーデンだと男女の給与格差が7%まで押さえられてるし、ベルギーも4.2%だし、これって女性労働者の権利が向上してる=女性の自立が成功してるってことなんじゃないのか。でも婚姻制度やカップル文化は続いてるよね?

・日式フェミの文脈って、性的搾取に反対、痴漢を含む性的暴行に反対、女性殺人の反対(①女性身体の全員にかかわる暴力←虹ismはこの段階なので一丸となった)か、 仕事と子育てを両立できない問題、ワンオペ育児問題、子供のジェンダー問題、女子学生の生活困難、シンママ貧困、義実家しんどい(②だいたい若年女性の権利)の二系統が主流よね。日本では子供は女とセットにされるので含めたんだけど。そういえばTVでもママタレがよく苦労を言っているけど、単身女性の苦労語りは許されるんだろうか。もしかして単身労働女性は苦労してないって思われてるのかな……? 既婚女性より貧困率が高いのに?

ママのストーリー、主婦のストーリーしか受け入れられないのは、なんでなの?

うーん、なんなんだろうな。ちょっと疲れてきた。

こっちだって①と②を自分事のように考えて時間も金も使って抵抗したけど、無駄だったみたいね。失望したかも。

ここまで透明化され婚姻もしない子供も産まない「半人前」の意見は全部無視するっていうの、気持ち悪いですよ……。そんなに下層の半地下住人がいないと駄目なわけ? 自分ら、既婚女性を階級化してるやん。ていう批判をしたらめっちゃ叩かれるわけですよね。主婦叩きはミソジニーとかいって。実際にいる下層属性からの批判でしょうに。既婚女性の階級を作ったのは男属性だから私たちじゃなくて男に言って!ってことなの? じゃなんで非婚女の貧困を無視したり非婚を侮蔑したりしてんの? 一歩先を行ったみたいな態度を出すのなんで? だいたい、食いっぱぐれず既婚の恩恵をうけてるんで旦那たちには何も言わない、ってそれは卑怯なんでは。属性責任ってのがあるやん。じゃなんで日本は戦後世代まで戦争責任とらされてんのよ。なんでドイツはあんななのよ。属性の責任があるからでしょ。白人だって好きで白人に生まれたわけじゃないけど過去の植民地主義の責任を問われてるでしょ? でもあなた方は好きで結婚を選択したんだよね? というか旦那も会社でどこかの女性の低賃金に加担してるわけでしょ? 気にならないの? 旦那の会社の女の低賃金は旦那に一切責任なんかないし女どもが管理職と戦いたければ勝手に戦っておればいいってことっすか? 旦那側の男の属性責任はどうなるの? で、女性の低賃金をほったらかしてたら、結局、最終的には自分に返ってきてモラハラ受けても経済的に離婚できない状況になるわけでしょ? 旦那の小言無視してご機嫌とればなんとか生きていけるし、みたいな? でも既婚の愚痴は非婚女にも聞かせますってか? 貧困属性側に聞かせて配慮させるの? それって卑怯で恥知らずな理屈じゃない?

日本人得意の「ケツ舐め仕草」をしたけりゃ一人でやってろっつーんだよ。

私はあんたらのケツなんか死んでも舐めねえからな。

(この話、胸糞が悪い。思っている以上に激怒してるかもしれん)

もう寄り添いなんて絶対やっちゃだめ。なんにもならない。本人のためにもならない。情緒に寄り添うな。考えろ。真善美だけを信じろ。「なんで寄り添ってくれない」と泣き叫ばれても、ぴしゃっと拒絶しなきゃいけない時がある。虹ismで充分理解したけどここにも寄り添いストーリーで上層階級による簒奪が起こってる。下層階級当事者が、ヒルみたいにぴったり張り付かれ、底なしに体力と時間と金を吸われる。そんなのは拒否する。

既存の歪んだシステムに上手く乗って適応することは、差別や搾取を現状維持する支持者だっていうけどね。婚姻関係がこれじゃあな……。

それにしても、怒った後はなにもかもどうでもよくなるな。結局管巻いてたし。

小説は打開の案が少し見えてきたのでそっち頑張ろ。


(たまに投稿する外部サイト↓)