金曜日の夜の速報は深刻なものが多い、という噂。

熊本と石川県と…富山?はまだわからないのね。韓国の場合だと、感染者の行動ルートがわかった時点で全員検査対象で施設丸ごと消毒するけど、日本はどうしたらいいかわからない(というか現時点での保健所の動きが見えてこないので深刻な感じする)のか、なんなのか…。朝鮮日報の記事だと、お婆さんが自宅の外で家が消毒されるの待ってる話とか読んだけども、日本も同じことをしてくれるのだろうか。横浜の商店街で消毒作業をしていたから全部ああなって欲しいものだけど(しかし軽装だったのが気になる。防護服なしでやってたのヤバイんじゃないだろうか)日本は、もしかして、大量の消毒薬が用意できない…?

韓国の感染爆発は、たしかどっかの市が感染症素人に士気を取らせて失敗したためそこだけ感染者数が突出してるのと、あと感染者が教会の大会合に参加して…ていうのがでかいらしい。あんまり韓国のニュース終えてないけど、千人のうち九十人くらいが症状を訴えてるらしいから、どんだけの威力なんだよと暗い気持ちになる。従兄弟国だけは無事であってほしかったが…

糸井さんについて

生き延びたいと必死になっていた人たち、子供や家族の身を心配していた人たちが、何故か突然悪者になって黙れ黙れと追い出される。(で実際、外に行ってしまった知性ある人がそれなりにいる)

前に手練手管の使い手って言ったことあるけど、まさにこれなんだ。プロ中のプロの仕業よ。普通の人は勝てない。

見てよ、当時真剣になっていた人たちが、危ないから逃げようと言っていた人たちが、耳障りで、うるさくて、押し付けがましくて、気が違った人たちのグループに押し込められてる。イジメの合図だったんですよね。そう、今はもっと簡単に、放射脳だと言われるんだっけ? 他にもパッと探したら「リベラル・左翼がごちゃごちゃ叩いてる」とか言われてたわ。もういいよそれで。めんどくさい。死にたくない人だけ今を頑張ればいいさ。勇気を出して現実をじっと見つめてみたらいい。

あの時、一生懸命だった人たちの言葉に耳を傾けていれば、なんとなぁく安全なんじゃない? なんて空気にはならなかったんだよね。

それをこの時期リツイートするとか、恐ろしいわ。ここまでくれば、救いようがない。人が苦しむことに無感覚である人は人でなしと言うんだ。

まあでもさ、9年前は、「直ちに影響はなかった」ので、このゆるやかなイジメの合図がうまくいったけど(はっきり言って、あれは言論虐殺の合図だと私は思うけど)、新型コロナウィルスは放射能のように待っちゃくれないから、失敗するんじゃないかな。

本人も新しい言葉を創ってないじゃないですか。だから、本当はさ、お手上げなんだよ。なんてね。希望的観測すぎるかな?

ところで、国会まで影が届くの早かったね。データと定義をいくら改竄するつもりなのかわからないけど、患者と死者の姿は隠せないよ。中国が失敗したんだから、今の日本でうまくいくはずがない。多分、お上は楽観的に隠蔽戦略を立ててやっぱり失敗してると思うな。リアルタイムで外国と比較して外国のレポートを読めるからみんな頭が真っ白にならなくてすんでるんだ(これが一地域の公害レベルなら隠蔽に成功しただろうけど)

てか今思ったけど、原発作業員がコロナにかかったら、どうなるんだろう。誰にもわからないね…。

耐えかねてかかりつけの医者に行ってしまった。検査した結果、喘息でしたわ。あーあ。今のところはって感じよ。で、行ってみてもらった感じ、お医者さんもどうしたらいいのかわからなさそうだったよ。武漢の名前を出さない限りコロナのことは話題にも上がらない状態。受付の人はひそひそ「怖いですね」と営業さんと話してたけど(スーツの営業さんは病院訪問してるのにマスクしてませんでしたよ)。こんなんじゃ、市中は深刻な状態だなと勘がはたらいたわ…。もう一週間もすれば審判がくだるんだろう。わたしにも、イトイ的なやつにも、平等に。

くそ、やっぱりこんなの不公平だ

イトイ的なやつの言葉を全体主義だと言っている人がいて、なるほどなと思った。

何故あれを善いと支持する人がいるのか。

原発爆発という未曾有の事態で恐怖のあまり、考えられなくなってしまった人たちは、すがりつけるものを探していたのね。そこに、ほわんとあれが現れたわけだ。

いや、ほわんを拠り所にするのは別にいいんですよ。確かにあれはあまりに恐ろしくて精神が耐えられないことだったし。そりゃ現実逃避だってたまには必要だ。

でも、あのイトイ的世界観を満願成就するには、9年前で言えば、原発を恐怖する人や必死で逃げ出す人は「決していてはいけない」世界だったんですよ。そうでなきゃ世界観が破綻するじゃないですか。やわらかな世界に刺は一本もいらんのですよ。それを糸井さんは、言葉で「あいつらだ」と指をさして、考えることをやめて言葉にすがりついた人たちは、必死に考えていた人たちを、なんとなく白い目で見て、冷たく払い退け、それでいて自分たちはにこにこ微笑んで…

深く考えたら下手なホラー話より恐ろしくて寒気がした。もうやめる。嫌になった。手の届きそうな人以外はどうでもいい。この記事もそのうち消すわ。こいつは糸井がただ単に嫌いなんだろってことで、あとのことはもういいっす。自分の思考の痕跡が残ればそれでいいんだよ。

微笑むことよりも、言葉よりも、張り裂けそうな現実をぐっとこらえて静かに見つめることだって必要だったんだよ…

(あとで糸井さんのツイートを見たらこんなこと言ってたわ)

普通に過ごすのは無理だよ。感染者を何日も隔離して家丸ごと消毒する生活は、普通じゃないよ。ダイアモンド・プリンセス号も、武漢の人たちも、普通じゃなくなってたじゃない。手洗いでどうにかなるんなら、あんなに感染しないよ。防護服なんて求めないでしょう。当たり前に生活が変わるよ。感染者が市井にあふれれば、前には戻れないんだよ。物流だって止まるよ。物も買えなくなるよ。それがわかってるからみんな怯えてるのに。こんなのおかしいよ。

でも、この「ふつうに過ごす」ってどんな風に「ふつう」なんだろうねって考えた時、「ふつう」を維持した世界に住むには、真剣にウィルスと対決する市民はいてはいけないし、ていうかそもそも隔離生活すらあってはならないし、たぶん政府発表の「だいじょーぶ」統計にのっかるしかないと思うんだよ。つまり大勢いるはずの80%の軽症感染者をただの風邪ってことにしてあとは無視すればいい。ふつうじゃないものはふつうの枠に入れて全部無視で。偶然にも検査を拒む保健所があるらしいしね。今のところは。

それを、周りを見渡しながら「こんな感じで」と宣言する。

もちろんどうとでも取れるわけ。私のは気の違った邪推だろと言い切れる。でもね承知してる人には絶対にわかる、この「ふつう」さ加減。言葉の恐ろしさ、わかりますかね……

そういうわけで、ふつうの世界観を満願成就しようと思ったら、心臓が止まるまでウィルスに再感染し続けることになると思います。

3.11を最悪の形で呼び戻したら、パンデミックは終息せず、あのウイルスと長く長く共存するという理屈になると思うけど(その間に人口がどれくらい減るのかわからんが)、他の人はどう思いますか