セッション 07

「――あなたここで永遠に死ぬのだし」
 月光の下で、吸血鬼サンクチュアリはそう言った。
 先程も言ったが彼女は片目で、片腕の状態だ。肢体は不完全であり、左袖が風にめくれてはためいている。何倍も体格差のある相手に対する態度ではない。どこからその自信が出てくるのか? だが、その存在感は圧倒的だ。

セッション 06

縦横切り替え  06    Aセッションがモールの四階に到着した時、黒服の集団と遭遇した。先頭にいたステイカーは条件反射で指先が動きかける――が、瞬時に照準器越しの相手を見分けるや銃口を下げた。 「ステイカーかよ」  エRead Moreセッション 06

泉のほとりで

縦横切り替え  別段、それはジャック・L・ステイカーにとって珍しい出来事ではなかったが、少なからず意外な結末を迎えることになった。機関の内勤職員である日系女性がステイカーに惚れ込んでいたらしく、彼女がオークランド支部に異Read More泉のほとりで

Back to Top